司法書士法人 いよリーガル MENU

0120-556-215まずは相談こころに行こう!

相談・受付平日 9:00-18:00

松山を中心に愛媛県内全域の借金問題を無料相談対応!

商業登記とは

商業登記とは何か

登記って何だろう

登記とは、法務局の商業登記簿に、会社の情報を記載する手続きのことです。
この手続きをしなければ、会社として認められません。

住所が変わったとき、転居届を市区町村に出すように、会社を設立したときなどにも登記という手続きが必要です。

また、登記内容に変更が生じたら、変更登記が必要です。

なお、登記の手続きとは、必要な書類を決められた期間内に、法務局へ届け出ることです。

 

なぜ登記が必要なのか

会社は、日々の業務の中で、たくさんの会社と取引をします。
素性の分からない相手と取引をするのは不安ですよね。

取引をする上で重要な情報(会社の名前、所在地、代表者、資本金等)を登記簿に記載し、公示することで、相手がどんな会社なのかを知ることができます。

つまり、取引の安全と円滑を図るために、登記が必要なのです。

 

どんなとき商業登記が必要か

会社を設立したときをはじめ、登記簿に記載した内容に変更が生じたら、登記が必要です。

 ○会社を設立したとき
 ○役員(取締役・監査役・会計参与)の氏名や住所が変わったとき
 ○会社の商号を変更するとき
 ○会社の目的を変更するとき
 ○本店を移転するとき
 ○組織(取締役会・監査役会・会計参与)を変更するとき
 ○増資・減資をするとき
 ○合併するとき
 ○会社を解散するとき

などが挙げられます。

私たち司法書士法人 いよリーガルは、松山を中心に愛媛県内全域の商業登記に関して安心のサポートを提供しております。お気軽にお問い合わせください。

  • 相続・遺言に関する無料相談実施中! 相続・遺言に関する無料相談実施中!

司法書士法人 いよリーガルは松山を中心に愛媛県内全域の借金問題に関して安心のサポートを提供しております。お気軽にお問い合わせください。

  • 相続・遺言に関する無料相談実施中!
  • 0120-556-215

    無料相談のご予約はこちら
  • 無料相談のご予約はこちら
  • 無料相談のご予約はこちら

    0120-556-215まずは相談こころに行こう!

  • お気軽にお電話ください