司法書士事務所 いよリーガル MENU

0120-556-215まずは相談こころに行こう!

相談・受付平日 9:00-18:00

松山を中心に愛媛県内全域の借金問題を無料相談対応!

今治の方に過払い金のご案内

過払い金とは?

ここでは今治にお住まいの方に過払い金についてご案内させていただきます。

過払い金とはお金を借りていた貸金業者に払いすぎた利息のこといいます。この過払い金を取り戻すために貸金業者に返還を求めること過払い金請求です。過払い金請求が行われるようになったのは、利息制限法よってお金を貸し出す際の利率の上限が制限されていたものの、上限を超えても一定の割合までは刑事罰の対象とならなかったため、貸金業者が高い金利で貸し出しがされていたという経緯があります。

そのため利息制限法を基に計算すると、本来支払うべき額を完済しているにも関わらず借金を支払い続けている、もしくは完済しているものの余計な額を支払いすぎていた可能性があるのです。このようなケースにおいては過払い金請求を行うことにより、支払いすぎた分について取り戻すことができます。

今治にお住まいの方で過払い金についてお心当たりのある方は当事務所にご相談ください。

過払い金の仕組み。グレーゾーン金利とは

金利については利息制限法出資法という2つの法律が存在します。グレーゾーン金利はこの2つの上限金利の間にあたる金利のことです。

利息制限法とは債務者保護の観点より、金銭消費貸借の上限利率を定めた法律です。上限利率を超えた金利については当事者間で合意が取れていたとしても無効となります。利息制限法では元本額に応じて年利15~20%が上限として設定されています。

一方出資法という法律でも利率の制限が定められていますが、違いとして大きいのは利率を超過した利息を請求したり、収受したりすると刑事罰が科されるという点です。出資法で定められている上限利率は年29.2%になります。

これら2つの法律で定められている金利の間は、原則無効であるもの刑事罰の対象とならないということで、貸金業者はそのギリギリのラインを利用し高い金利で貸し付けを行っていた背景があります。この間の金利のことを「グレーゾーン金利」と言います。

しかしながら近年、最高裁によって利息制限法を上回る金利による貸し付けについては違法する判決が正式に下されました。このことをきっかけに、グレーゾーン金利部分にあたる支払い額を貸金業者に請求ができるようになりました。

今治にお住まいの方へ 過払い金を取り戻すには

当事務所では今治にお住まいの方からのご相談にもご対応しております。今治で過払い金についてお困りの方はお気軽にご相談ください。

過払い金は最後の取引より10年間は請求の権利があります。その為既に返済が完了している方であっても請求が可能になります。仮に5年間に完済した貸金業者に対しても、今からでも過払い金請求はできます。

過払い金が発生しているかどうかは、過去の取引履歴を確認し判断します。利息制限法の利率に引き直して計算した結果、過払い金が発生していれば、貸金業者へ返還請求を行うことになります。特に平成18年以前に借り入れを行っている方や、金利が18%以上及び借入期間が5年以上の方は支払い過ぎている可能性が高いため、過払い金発生の確認をすることをお勧めします。

今治にお住まいの方で元本返済は終わったものの、利息により借金から逃れられない、払い続けているという方は早々にご相談ください。もしかすると法律で定められた以上の返済を請求されている可能性があります。支払いすぎたお金を取り戻すとともに、借金を支払い続ける生活も終息させましょう。

当事務所は今治のお困りごとに親切丁寧にご対応しております。ご相談は秘密厳守・完全無料にてご対応しておりますので、司法書士事務所いよリーガルまでお気軽にお問合せください。

  • 相続・遺言に関する無料相談実施中! 相続・遺言に関する無料相談実施中!

司法書士事務所 いよリーガルは松山を中心に愛媛県内全域の借金問題に関して安心のサポートを提供しております。お気軽にお問い合わせください。

  • 相続・遺言に関する無料相談実施中!
  • 0120-556-215

    無料相談のご予約はこちら
  • 無料相談のご予約はこちら
  • 無料相談のご予約はこちら

    0120-556-215まずは相談こころに行こう!

  • お気軽にお電話ください