司法書士事務所 いよリーガル MENU

0120-556-215まずは相談こころに行こう!

相談・受付平日 9:00-18:00

松山を中心に愛媛県内全域の借金問題を無料相談対応!

今治にお住まいの方に自己破産についてご案内いたします

自己破産とは

ここでは今治にお住まいの方に自己破産についてご案内させていただきます。自己破産とは個人が抱える多額の債務について返済が困難となってしまった場合に、裁判所に自己破産の申し立てを行うことによって、税金や養育費などの非免責債権を除くすべての債務が免除される手続きのことです。

法律で認められた債務整理の方法の一つであり、自己破産対象者の経済的な再建を目的としています。

自己破産が可能かは収入や財産状況、負債状況を鑑みて裁判官が総合的に判断することになります。手続きを行うと対象者の財産は換金されたうえ債権者に分配され、裁判所から免責許可が認められれば、分配された以外の返済について免除されることになります。分配する財産が残っていない場合には、債権者への財産の分配なしで手続きが完了する場合もあります。

なお、自己破産をした者は原則上限99万円までの財産は生活維持のため手元に残しておくことが可能です。この財産のことを自由財産といいます。

今治にお住まいの方で自己破産についてご検討されている方は当事務所で無料相談をしております。お気軽にお問い合わせください。

自己破産のメリット・デメリットを今治の方にご紹介

今治で自己破産についてお考えの方でも、下記のようなメリットデメリットを参考にご自身に合った方法なのか検討しましょう。ご心配な方は無料相談にお越しいただければ専門家が適切な方法をご案内いたします。

<メリット>

  • 養育費や税金等の一部を除き、すべての債務の支払いが免除される。
  • 専門家が間に入ることにより、債権者からの支払い催促を直接受けることがなくなる。
  • 自己破産の手続き開始後は債権者による給料の差し押さえが不可となる。
  • 家族が保証人でない限り、家族がローンを組む時などに影響はでない。

<デメリット>

  • 最低限の生活のための財産(上限99万円)を除き所有する財産を手放す必要あり。(贅沢品や車は清算の対象です)
  • 信用情報機関の信用情報(ブラックリスト)に登録される。これによりローンを組んだり、新規の借入は困難に。
  • 保険会社の外務員、警備員などの一定の職業に、自己破産開始決定から免責決定までの間は就労できなくなる。
  • 第三者の連帯保証人にはなれない。
  • 官報に住所氏名が掲載される。

今治の方々の中でも自己破産にはマイナスのイメージを持っている方がいらっしゃるかもしれませんが、手続きを行うと選挙権がなくなる、将来的にも財産をすべて失われる、家が借りられなくなってしまうなど、誤った情報を信じていらっしゃる方も少なくありません。しかしこれらは誤解であり、自己破産は法律的に認められた経済的再建を図る制度です

ご自身が抱える借金に悩まれている方は、ぜひ一度正しい知識を得るためにも今治にお住まいの方でしたら、いよリーガル司法書士事務所へご来所ください。初回完全無料にて専門家による相談会を実施しています。ご不安なことも多いかと存じますが、親身にお手伝いさせていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

  • 相続・遺言に関する無料相談実施中! 相続・遺言に関する無料相談実施中!

司法書士事務所 いよリーガルは松山を中心に愛媛県内全域の借金問題に関して安心のサポートを提供しております。お気軽にお問い合わせください。

  • 相続・遺言に関する無料相談実施中!
  • 0120-556-215

    無料相談のご予約はこちら
  • 無料相談のご予約はこちら
  • 無料相談のご予約はこちら

    0120-556-215まずは相談こころに行こう!

  • お気軽にお電話ください