司法書士事務所 いよリーガル MENU

0120-556-215まずは相談こころに行こう!

相談・受付平日 9:00-18:00

松山を中心に愛媛県内全域の借金問題を無料相談対応!

父の遺産分割協議が終わらぬうちに兄が亡くなったらどうなる???

2016年02月11日

【なかなか聞けない相続Q&A】

【Q】 9か月前に父が亡くなりました。
遺産分割協議を母と兄と私(次男)と弟の4人で進めていましたが、
つい先日、兄も亡くなってしまいました。
この場合、遺産分割はどうなるのでしょう。
なお、兄には妻と3人の息子がいます。

【A】 被相続人の遺産相続が始まった後、
遺産分割協議や相続登記を行う前に相続人の1人が死亡し、
次の遺産相続が開始されてしまうことを「数次相続」と言います。
一つ目の相続(一次相続)に二つ目の相続(二次相続)が続いていることを指します。

 各相続人の相続分は、父の死亡による一次相続を確定させ、
その後、兄の死亡による妻子への二次相続を確定させる流れになります。

今回の例ですと、父の相続が開始した際の法定相続人は、母と長男、次男、三男の計4人。
通常ならば、4人で遺産分割協議を行います。
しかし、遺産分割協議が終わらないうちに長男が亡くなったので、
父の遺産を相続する権利が長男の法定相続人に引き継がれます。

これによって、父の相続についての遺産分割協議には、
長男の妻と息子3人も参加することになります。

法定相続分は、長男が生きていれば、母が1/2、長男・次男・三男が各1/6でした。
この1/6が長男の法定相続人に引き継がれるので、
長男の妻が1/12、長男の息子3人が1/36ずつ相続します。

なおかつ、長男の財産については、長男の妻と息子3人が相続することになります。

自宅の名義変更をするためだけに、多くの人がかかわることになり、
集める書類が増え、手続きがどんどん煩雑になり、
結果的に、余計な時間と費用がかかることになります

『うちは子供がいる普通の家庭だし、財産もわずかな預貯金と自宅だけだから急がなくてもいいわ!!』
ホントにそうでしょうか・・・!??
早いうちから、ご自身のケースはどうか検討してみましょう。

※ご相談は無料ですが、事前予約制となっております。
フリーダイヤル 0120-556-215までお気軽にお電話下さい。

愛媛の相続・遺言に関するご相談なら、愛媛あんしん相続相談所へ

 

愛媛あんしん相続相談所

HPはこちらをクリック⇐(愛媛あんしん相続相談所

 

司法書士法人いよリーガル  事務所概要はここをクリック

【松山事務所】 〒790-0011 松山市千舟町五丁目5番地3 EME松山千舟町ビル6階

Google Mapで見る

  • 相続・遺言に関する無料相談実施中! 相続・遺言に関する無料相談実施中!

司法書士事務所 いよリーガルは松山を中心に愛媛県内全域の借金問題に関して安心のサポートを提供しております。お気軽にお問い合わせください。

  • 相続・遺言に関する無料相談実施中!
  • 0120-556-215

    無料相談のご予約はこちら
  • 無料相談のご予約はこちら
  • 無料相談のご予約はこちら

    0120-556-215まずは相談こころに行こう!

  • お気軽にお電話ください